インスタグラムでフォロワーを増やすために知っておきたいキホン


Instagramをやっと始めたので、せっかくなのでInstagramについて書こうと思います。
Instagramってこうやって使うんだっていうことを、まだInstagramやってない人とか始めたばかりの人に向けて書きます。

Instagramとは?

まずここから始まりますよね、Instagramってなんやねん。
なんとなくわかるけれど、それって俺も使えんの?みたいな。
SNSとして人気だからというだけで始めても時間の無駄なので、Instagramって何かからまず知っておきましょう。
個人的に使うのか、ビジネスとして使うのかでも使い方は全然違ってきます。

Instagramっていうのは簡単に言うと写真共有SNSです。
みんなに写真みてみてーっていうメディアです。
画像(動画)とテキストを投稿してフォローしてくれている人に見てもらうっていうFacebookやTwitterと同じようなもの。
ただ、それを写真をメインにとらえてサービスを展開して人気になった。
写真を楽しく発信するために、Instagramではスマホで簡単に高機能な写真編集ができる。
一昔前にはお金を出さないとできなかったようなことが、無料でしかもスマホで簡単にできる。
画像の加工機能でかわいい、かっこいい写真が簡単に上げれるので、しかもテキストとはまた違ったある意味手軽に発信できるのが良かったのかもしれない。

使い方はいろいろだと思うけれど、今日買ったかわいい洋服を発信したり、キレイな風景をとって友達と共有したり、趣味の写真をみんなに見てもらったり。
それぞれいろんな使い方で賑わっています。
Instagramをビジネスの集客に利用しようとしているところもありますが、僕にはまだわかりません。
Instagramはビジネスでは利用しにくいんじゃないかな。
観光系やイベント系は強いと思うけれど、整体院や飲食店とかほとんどの業種はInstagramを活用するのはなかなか難しいと思う。

Instagramもやっぱりフォロー

FacebookやTwitterと同じで、フォローしたアカウントの情報が自分のタイムラインに流れてくる。
だから、自分の発信したものをたくさんの人に見てもらうには、FacebookやTwitterと同じようにたくさんの人にフォローしてもらうようにするといい。
Twitterもそうだったけれど、フォローしてもらったら数人に一人はフォローをし返してくれる。
リフォローと呼ばれるものだけれど、よくわからないけれどフォローされたらなんかお返ししなきゃってことでリフォローするっていう風習がある。
何かを与えられたらお返しをしたくなる、いわゆる返報性の原理を利用してフォロワーを増やしていく方法。
だから、フォロワーを増やすためにフォローしてほしい人にこちらからフォローをしまくっていくっていう方法はInstagramでも使われる。
本来フォローされるというのはそのアカウントの発信する情報を見たいと思ってするもので、フォローが多いということはそれだけ人気があるということになるけれど、リフォローでフォロワーを集めているようなアカウントはそうとは言えないよね。
そういう人はみんなフォロワー<フォローになっている。
優良なアカウントは逆にフォロワー>フォローになっているからそういうアカウントを目指したいよね。

友達同士のやり取りに使うなら別にフォロー数がどれだけとかどうでもいいと思うけれど、
何か情報を発信したいという場合はやっぱりフォロー数が気になります。
どうやってフォロー数を増やしていくか、そのためにはまずはInstagramについてもっと知っておきましょう。

Instagramには拡散というものがない

Instagramをこれから始めようとしている人、もしくは既にやっているけれどこの事実を知らない人もいると思いますが、
Instagramにはフォロワーを通じた拡散力はありません。
TwitterとかFacebookだと、発信したことがシェアとかリツイートとかで自分の持っているフォロワー数を越えて爆発的に拡散することもありますが、Instagramにはそういったものはない。
気に入ったものを「いいね」したり「ブックマーク」したりということはできるけれど、プライベートなものでそれが誰かに伝わるわけじゃない。
おかげでタイムラインがどうでもいい投稿で汚されることがなくて、個人的にはすっきりしていいです。
Instagramでは、直接のフォロワーが大事になってきます。

ハッシュタグ

単語の前に「#」をつけて投稿されたものを見たことはありますか?
もともとはTwitterからはじまったハッシュタグ。
投稿したものにタグをつけて分類するためのものです。
フォローしている人の投稿以外にも、もちろん自分が欲しい情報があるでしょう
このハッシュタグというものでカテゴライズすることで、気になる投稿を探しやすくしています。
例えば「#京都」っていうハッシュタグをクリックすると、同じ「#京都」のハッシュタグがつけられた他の投稿を見ることができます。
つまり、興味を持った投稿が、ハッシュタグを通じて知ることができます。
ハッシュタグを使うと、フォロワー以外の投稿が見ることができて、それはそれなりに興味を持った人が集まる場所なのでハッシュタグをつけることで、フォロワー以外の人に自分の投稿を見てもらえる可能性が増えます。
このハッシュタグは、拡散というものが無いInstagramではかなり重要で、関連するハッシュタグを投稿につけることで、関係する多くのユーザーに見てもらうことができます。
なので、Instagramの投稿ではやたらとたくさんのハッシュタグをつけている人がおおいです。

フォロワーの増やし方

できるだけたくんさんのフォロワーを付けた方がたくさんのタイムラインに流れるのでフォロワーを増やすというのが一つの目的になります。
フォロワーを増やすには何をすればいいのか、思いつく限り挙げてみます。

みんなが見たくなる投稿をする

そもそもの話ですが、フォローしてもらうということは、フォローするに値しないといけません。
何にも投稿してないのにフォローされることはありませんし、誰にも伝わらないネタばかり投稿していてもフォローされにくいでしょう。
興味もない人をフォローしたってタイムラインが汚れるだけだしふつうはしない。
フォローされるにはフォローしたいと思うものを投稿しないといけません。

芸能人なら今日何食べたで反響が出ますが、ふつうの人の何食べたは友達でもなければ興味ありません。
一般人である私たちがフォローしてもらうには、いろいろと投稿を工夫しないといけません。
電車の写真をアップし続けたら、電車好きの人にフォローされるし、
ネイルの写真を載せたらネイルのデザインを考えている女性にフォローされるでしょう。
誰にフォローされたいか考えて、その人たちがフォローしたくなるものを投稿しましょう。

インスタを含めてソーシャルメディアを簡単に考えている人多いですが、
本当に効果のあるフォロワーを集めるというのは簡単じゃありません。
そもそも自分がInstagramでフォローしている人ってどんな人か考えるといいです。
知り合いだったらどんなものでもそれなりに話題にできるかもしれないけれど、
どこのだれかわからない人が興味ないものを投稿してるほどつまらないものはない。
自分知り合い以外のユーザーからフォローされたいと思うなら、
まずは自分がフォローしている興味のある投稿ってどんなものかを考えるといい。
同じようにして投稿すれば、自分と同じような人々がフォローしてくれるかもしれない。
闇雲に画像をアップしてたとえそれがフォローされたとしても、
同じく興味ないけどなんとなくフォローしている人がタイムラインで埋もれているのと同じようになる。
そうやって、興味もないフォローをしまくっている人にフォローされても有効なフォローじゃないし、
1000人のそういったフォロワーをつけるのなら、100人の本当に興味を持ってフォローしてくれる人をつける方が何倍も大切です。

これから書くフォロワーを増やす方法っていうのは、
そもそもフォローされるような投稿をしているという前提で、
そうでなければフォローされることは少ないし、されたとしてもどこかの業者とか別の目的をもってフォローされていることが多い。
いくらフォローをたくさんつけたって、あなたが情報を届けたい人にフォローされないと意味はないですよね。
これから書くことをがんbってやっていても、投稿記事の魅力がゼロであれば有効なフォローを得ることは無いでしょう。
まずは、興味を持つ投稿をすることが大前提です。

ハッシュタグをつける

ハッシュタグは自分の投稿をカテゴリに投稿するようなもので、
同じようにInstagramをやっている共通の話題を持った人が見つけてくれます。
例えば京都に興味がある人は#京都とかで京都に関する投稿を探していたりするので、そういった人に見つけてもらえればそして興味を持ってもらえれば(ここが大切)フォローしてもらえます。
投稿するだけでたくさんの人に見てもらえるハッシュタグはまずかならずやっておきたいことです。

人気の播種タグは検索するとたくさん出てきますが、こことか見ておくといいです。
インスタグラムのジャンル別人気ハッシュタグ45選

投稿回数を増やす

こういったソーシャルメディアはタイムラインで管理されているので鮮度が命です。
投稿した瞬間にいかに人に見つけてもらうかが大事で、時間がたつとその投稿は新しい投稿によって下に下がっていくので見てもらえる回数はどんどん小さくなっていきます。
なので一つ良い投稿をしたからといって、いつまでもフォロワーが増えるのかというとそうではなく、数時間経つとあまり反応も無くなります。
ハッシュタグの検索でも特に人気のタグはたくさんの投稿が出てくるのですぐに新しい投稿に押されて消えちゃいます。
そういう意味では、人気のハッシュタグを狙うよりも投稿数が少ないけれどコアな層が見ているというようなタグが一番効果があるかもしれません。
投稿するよりも検索される回数の方が多いタグがわかればそういったハッシュタグを使えば効果的なんですけどね、もちろんそういうデータは得られないのでいろいろ試してみるしかありません。
ともかく、投稿が途切れると露出が一気に減るので、定期的に投稿をしていくことが大切。
一時的にアップする投稿の量よりも、1日に1回とか2回でも絶やさず定期的にというのが大事かもしれない。

フォローする

自分の存在を気付いてもらうためには気になるユーザーをフォローするといい。
ユーザーに対してフォローの湯女アクションを起こすと相手に伝わるので、向こうは誰にフォローされたのかプロフィールやこれまでの投稿を見るでしょう。
自分の投稿を気に入ってもらえればフォローしてもらえるかもしれないし、
場合によってはフォローしてくれたからとフォローを返してくれるかもしれない。
相手に自分の存在を伝えることで、気に入ってもらえればフォローしてもらえるので気になるアカウントは積極的にフォローしてみましょう。
これを悪用したのが、ひたすらフォローをしていってリフォローを期待する方法。
リフォローしてもらえなかったらフォローを外すっていう方法でフォロワーを増やす人がいますが、フォロワー増やすゲームしてるんじゃないのでやめましょ。
結果的に嫌われて何の役にも立たないアカウントが出来上がるだけなので。

いいねする

Instagramには気に入った投稿に「いいね」をすることができます。
いいねはフォローのように以後タイムラインに流れるってことはないし、だけど相手にその通知はいくのでアピールするチャンス。
タイムラインは汚れないし、タップ一つで気軽にできるので気になる投稿があれば気軽に「いいね」してみるといいです。
「いいね」は気軽にできる分1つの投稿に何百と「いいね」が付くことも少なくないので、いちいち気づいてもらうことは期待しない方がいいけれど、可能性は少しはあるので地道に続けていきましょう。

コメントする

コメントは「いいね」に比べると敷居が高いですが、コメントをもらうことなんて多くないので、
それなりのコメントをしてあげるとかなりの確率で自分のことをチェックしてくれるはず。

コミュニティを作る

かなり発展的な内容ですが、フォロワーが増えてきたリ、すでに別の媒体で多くの人告知をできる手段を持っているのであれば、自分でハッシュタグを作って広めてみてはいかがでしょうか。
ハッシュタグは誰でも自由に作ることができます。
そもそもハッシュタグ自体、キーワードが決まっているわけじゃなくて同じタグの投稿をグループ化しているだけのものなので、自分で作ればそれが一つのカテゴリとなります。
あるテーマのもとで、こういったタグを使いましょうと提案するんです。
自分で新たなハッシュタグを作って、そのタグで投稿をしてもらえるようになれば、自分発信の新たなコミュニティを持つことができそこで多くの人に知ってもらえます。

特定のハッシュタグに投稿した人の中から抽選でプレゼントとか、コンテストをして優良な投稿を表彰するとか、いろいろなアイデアを使って企業はインスタを活用しています。
自分がそういったアイデアを生かせれば、もっともっと幅広く効果的に認知度を上げることができてフォロワーも増えていくでしょう。

Instagramとは?

私もまだまだインスタを勉強中。
基礎的なことはこれで十分だと思いますが、アイデア次第ではいろいろなことができます。
インスタをきっかけに同じような趣味の人の集まるコミュニティに参加するのもいいでしょう。

ビジネスで使おうと思っている人も多いと思いますが、
僕の個人的な見解では、インスタをビジネスのしかも集客に結び付けるのはかなり大変です。
使える業種は限られているでしょう。
普通に使ってもビジネスには役立たないので、アイデア的なアプローチが必要です。
僕もこういう仕事をしているので、インスタを使った効果的な集客を実践してみたいと思います。

一緒に読もう、関連記事